白髪染めトリートメントとは?

白髪染めトリートメントとは?白髪染めトリートメントとは、従来の白髪染めとは異なり、髪、地肌を痛めず、トリートメント効果も併せ持った白髪染めの総称です。

従来の白髪染めのほとんどは、1剤 (酸化染料、アルカリ剤) と2剤 (酸化剤) のふたつを混ぜて使います。この1剤と2剤により、髪のキューティクルを開き、脱色して髪の内部に色を入れなおすことで染めるという仕組みです。

この仕組みは、白髪染めだけでなく、通常のヘアカラーも同様です。
確かにこの方法は白髪も比較的しっかり染めることができますが、白髪を染める場合はより強力な染料が必要なため、髪を傷める原因になっていました。また、酸化染料は人によってはかぶれや、かゆみなどが発生して体質的に利用できないこともあります。

そこで、従来の白髪染めとは別の方法で髪を傷めず、また地肌にも優しく、同時に髪をケアするタイプの白髪染めが出てきました。それが、白髪染めトリートメントです。

白髪染めトリートメントの特徴

白髪染めトリートメントの特徴白髪染めトリートメントは、髪を染める染料だけでなく、海藻エキスや植物エキス、各種美容成分などを多く配合し、髪、地肌をいたわる商品になっています。白髪染めと同時にトリートメント効果も期待できる、というコンセプトなので、シャンプー後にトリートメント代わりに使えるタイプもあります。使い方も手にとって髪につけるだけなので、染める手間も従来の白髪染めと比較し格段に楽になっています。

白髪染めトリートメントのメリットとデメリット

メリットデメリット髪、地肌にやさしく、トリートメント効果もある白髪染めトリートメントはいいこと尽くめのような印象を受けますが、実は通常の白髪染めと比較して劣っているところもあります。

メリットとしては、「髪・地肌にやさしい」「トリートメント効果も期待できる」「使いやすい」などがありますが、反面、染毛力は通常の2剤式の白髪染めと比較すると弱く、1回の利用では完全に染まらず、また、落ちるのも早いので継続的に利用する必要があります。

2剤式の白髪染めと比較して、コストもかかりますので、その点はデメリットと言えるでしょう。

しかし、2剤式の白髪染めは確実に髪を傷めます。また、かぶれることもあるので、そういったリスクを避けるためには白髪染めトリートメントを使うしかありません。
実際、髪を傷めない白髪染めトリートメントは利用の手軽さもあって、今では白髪染めの主流になりつつあります。

白髪染めトリートメントのコストは?

白髪染めトリートメントのコスト2剤式の白髪染めよりは値段の高い白髪染めトリートメントですが、どの程度のコストなのでしょうか?

髪の長さにより使う量が異なるので、一概に言えませんが、1本の内容量が200gの商品の場合、髪の長さがミディアムだとすると、10回程度の利用が可能です。週に1回だと2ヶ月間、週に2回だと1ヶ月間利用できます。

多めにみて、1ヶ月に1本利用することを考えると、商品により異なりますが、1ヶ月のコストはおよそ3000円前後です。けして安くはないとは思いますが、継続利用することで白髪の悩みから開放されるかもしれないことを考えれば、それほど高くはないのではないでしょうか。

それだったら、2ヶ月に1回美容院で染められると思うかもしれませんが、美容院で染めたとしても、結局、2週間もすれば、褪色が始まり、また、髪が伸びて生え際の白髪が目立ってくるようになってくるので白髪をなんとかしたいと思うでしょう。

本当に使ってみたい白髪染めトリートメント

本当に使いたい白髪染めトリートメントそうした流れのなかで、多くの白髪染めトリートメントが販売されているようになっています。しかし、ぱっと見た目同じような商品が多いなかで、どの白髪染めトリートメントがよいのか探し出すのは大変です。このサイトでは、主要な白髪染めトリートメントをピックアップして、各商品の特徴をまとめてみました。

さらにその中で、本当に使ってみたい白髪染めトリートメントはどれなのか?

白髪染めトリートメント探しの参考にしてみてください。

評価ランキング