利尻ヘアカラートリートメント

使ってみたい度:A+

利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めトリートメントの代表商品

利尻ヘアカラートリートメントは利尻昆布エキスを配合して髪にやさしく、そして手軽に使える白髪染めとして大ヒットした商品です。この商品のヒットにより、白髪染めトリートメントというジャンルが確立されたと言っても過言ではありません。
その累計出荷数は700万本以上と、他の白髪染めトリートメントと比較しても群を抜いて多く、多くの人に利用されています。

利尻ヘアカラートリートメントのここがいい!

無香料、無鉱物油、ノンパラベン

白髪染めトリートメントが多く発売されている、今では普通になりつつありますが、無香料、無鉱物油、ノンバラベンと髪と頭皮にやさしいつくりになっています。このような商品作りも利尻ヘアカラートリートメントの大ヒットにより、一般的になってきたことを考えると、利尻ヘアカラートリートメントの存在は大きかったと言えるかもしれません。

利尻昆布をはじめとした潤い成分配合

昆布エキスを白髪染めに配合するという発想は、以前にもあったとは思いますが、利尻ヘアカラートリートメントはきちんと本当に有効な成分として配合することで、新しい商品ジャンルを作り出しました。
利尻ヘアカラートリートメントのヒットにより、昆布や海藻エキスが含まれた白髪染めトリートメントが多く発売されることとなり、その有効性も改めて認識されるという状況になっています。

売れている安心感

利尻ヘアカラートリートメントは今でも売れ続けています。多くの白髪染めトリートメントが発売され、中にはカラーバリエーションを少なくしてコストを削減したり、販売をやめてしまった商品も多く存在する中で売れ続けているのには理由があります。
それだけ確かな商品作りをしている、ということは間違いありません。利用者が使ってよかっと思える商品でなければ、これだけ長く売れることはないでしょう。また、売れているからこそ、常に商品を改良してよりよいものにしていけるというサイクルが生み出せます。それは商品に対する安心感につながります。

この安心感を与えてくれる商品は、利尻ヘアカラートリートメントとレフィーネシリーズだけです。

利尻ヘアカラートリートメントの成分特徴

天然利尻昆布成分
商品名にもなっているように、天然利尻昆布エキスを配合しています。天然利尻昆布は保湿、保水の役割のために配合され、髪、頭皮のケアは期待できます。昆布成分には髪を染める能力はありませんので、昆布が入っていることで髪が染まりやすくなるわけではありません。
28種類の植物由来成分
利尻昆布を含め、オランダカラシ、オタネニンジン、ローズマリーなど合計28種類の植物由来の成分を配合しています。それらにより、保水、うるおい、保湿の効果を高めます。

染める能力

染める髪を染める主な染料は、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・HC青2・HC黄4・塩基性青99です。この成分配合は「レフィーネヘッドスパトリートメントカラー「煌髪(キラリ)」「ルプルプ」とほぼ同じです。染める能力自体はそれらの商品とほぼ同等です。白髪染めトリートメントの中では染まりやすいタイプの商品ではあります。

※染まり具合には個人差はあります。

使い方

シャンプーの後、タオルなどで水気をよくふき取った後に利尻ヘアカラートリートメントを塗り10分放置します。

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションは、「ライトブラウン」「ダークブラン」「ブラック」の3色です。よく使う色が用意されており、使い勝手はよさそうです。

価格

コスト内容量200gで 3,150円です。
利尻ヘアカラートリートメントがヒット商品であるがゆえに、この価格が白髪染めトリートメントの標準的な価格となっており、他の白髪染めトリートメント商品は、この利尻ヘアからトリートメントの価格と比較して、同じか、やや安めに設定されている商品がほとんどになっています。

白髪染めトリートメント売り上げNo1の実力

「利尻ヘアカラートリートメント」の大ヒットにより、それに追随して多くの白髪染めトリートメントが発売されてきましたが、結局、中途半端な商品は淘汰されています。後発でも魅力的な商品はいくつか出てきているものの、いまだに売れ続けているのは、やはり商品がしっかりしたものだからだと言えます。

配合されている、成分としては、利尻昆布エキスは特徴だとしても、その他の部分はすでに多くの白髪染めトリートメントが採用しているものが多いので、とりたてて特徴的なものはありません。しかし、長年のノウハウの蓄積により、成分はつねに改良されており、実は進化しています。派手な美容成分の配合を謳うのではなく、本来の目的である、髪・頭皮をいたわりながら白髪を染めるということを追求してる製品作りには好感が持てますね。

もし、まだ「利尻ヘアカラートリートメント」を使ったことがないのであれば、一度は利用してみることをお勧めします。他の白髪染めトリートメントを使うとしても、「利尻ヘアカラートリートメント」をベースに比較していくと、自分の好みのタイプの白髪染めが見つけやすくなるでしょう。

コメントは受け付けていません。