白髪染めトリートメントが染まらないという方へ

白髪染めトリートメントを使ったことのある人なら、白髪染めトリートメントを買って、「さてこれで白髪の悩みから開放される」と期待して使ってみたら、思ったほど染まらなくてがっかりした、という思いをした人は多いのではないでしょうか。

白髪染めトリートメントはなぜ染まらないのか?

白髪染めトリートメントは、従来の2剤式の白髪染めとは全く異なる方法で髪を染めています。簡単に言えば、2剤式の白髪染めは髪の色を脱色して、そして内部から染め直します。この方法だと髪はかなりきっちり染まります。

一方、白髪染めトリートメントは、内部から色を変えるのではなく、あくまで髪の表面を染める染料を使っています。粒子の小さな染料は、キューティクルの隙間から内部に浸透はしますが、それも内部に付着するというイメージです。

白髪染めトリートメントの表面に付着する染料は、髪質によって付きやすい人と付きづらい人がいます。

一般的に言うと、ダメージヘアの人は付着しやすいです。逆にあまりダメージがない髪や硬めの髪質の方は付着しづらい傾向にあります。白髪染めトリートメントを使って全く染まらないという方は、白髪染めトリートメントの染料が付着しない髪質の人といえます。

少しでも染まりやすくする方法

カラー白髪染めトリートメント製品の使用方法通りにやっても染まらないという人は、乾いた髪にドライヤーをかけて髪を暖めてから少し多めに染料を塗布し、また、放置時間もいつもより長めにしてみると、染まりやすくなるでしょう。

髪が濡れると水の影響で髪のPH値が変わるため、人によってはより染まりづらくなってしまう場合があります。PH値の安定した乾いた髪に利用することで、安定的に染めることが期待できます。

また、シャワーキャップなど、染毛を促進するキャップを使用すると、さらに良い効果が得られる場合が多いです。

満足に染まらない場合は?

いろいろチャレンジしてはみたものの、やはりどうしても満足に染まらない場合はどうするか。状況によりとりうる方法を考えてみました。

全く染まらないという方
白髪染めトリートメントが髪に優しいといっても、染まらないのであれば意味がありません。そこは潔く白髪染めトリートメントの利用はあきらめ、従来の2剤式の白髪染めを自宅で使うか、美容院にいって染めてもらいましょう。髪へのダメージを考えれば、美容院に行くほうがよいですが、かかるお金の話もありますので、そこは自分の財布と相談しながらにしてください。

少しは染まるけど、満足できるレベルではない、という方
全く満足できないのであれば、全く染まらない人同様、白髪染めトリートメントはあきらめるしかありませんが、まあ、これでもいいかなぁと、少しでも思えるのであれば、使う商品を変えて試してみる方法もあります。
きっちり染めたいのであれば、2剤式のほうが染まりはよいのはわかっていますが、2剤式の白髪染めは、確実に髪を傷めるのと、頭皮へのダメージもあります。
これから歳をとっていくことが考えれば、少しでもダメージを減らしたほういいのは言うまでもありません。白髪ならまだよいですが、頭皮へのダメージで髪が薄くなってしまうのは、やはり避けたいところです。

いろんな白髪染めトリートメントを使って、そこそこ満足に染まるものを探すか、もしくは基本は美容院に行って染めて、褪色してきたら白髪染めトリートメントを使う、という方法がよいと思います。

自分の髪に合うかもしれない白髪染めトリートメントは?

白髪染めトリートメントといってもたくさんの種類があります。染める方法は基本的には同じですが、成分配合の違いにより商品によって、自分に合う、合わないはあります。
出来ることなら、自分に合う白髪染めトリートメントがすぐに見つかるのがよいですが、髪質は十人十色なので、正直に言えばどれが自分に合うのか使ってみないとわからないでしょう。

このサイトではたくさんある白髪染めトリートメントの中から、主要な白髪染めトリートメントをまとめていますので、白髪染めトリートメント探しの参考にしてみてください。

この中からあなたに合う白髪染めトリートメントが探せますように。

評価ランキング

コメントは受け付けていません。